Twitter

【Twitter】1000人達成するまでに楽しみながら学んだこと

Twitterを始めて少したったあなたの、Twitterを楽しむために知っておくと良いことをまとめました。
ツイートだと埋もれてしまうため、ブログに残させていただきます。

本記事の信頼性
・2月下旬に放置してたガチガチのプライベートアカウントを再開
・3月11日に1000人を達成
・本記事執筆時3500人達成(2020年4月30日)

Twitterを始めたらまず、反応ほしいなって思いませんか?

「いいねがほしい。」

毎日のようにTwitterには新規参入者がいます。

「ツイートしてもいいねがもらえない」「反応がないから辞めてしまう」というかたがとても多いので、”0からスタートする際や本気で運用していきたい”といったかたは、本記事を参考にしてみてください。

リプすると、いいねがもらえる。

上記のツイートは投稿後3時間で「いいね」100を突破。とても反響があり、次の日の朝には「いいね」が300を越えました。

なぜツイートに共感するのか

これは、始めたての方やTwitter初心者、そしてすべてのユーザーが「いいね」をもらいたいと思っているということです。

本気で達成したい人や、運用術を使ってフォロワーを効率的に伸ばしたいと思っている人も多くいますが、その前にたくさんの「いいね」が欲しいと思っているという潜在的なニーズに訴えかけたことによる結果です。

いいねをもらう秘訣
リプをすると相手から「いいね」が届きます。

たいていの場合、「リプライをくれて、ありがとうございます。」という意味です。

自分が送ったリプライの内容が相手の心に響いたり、面白い内容であれば相手からもリプライが届きます。

その連続で、やっと仲良くなったり、プロフィールをみにきてくれます。

まずは、そこまで辛抱強くやることです。

何かを得るためには、まず自分から与えましょう。

あなたがいいねが欲しいなら、あなたから「いいね」を送りましょう。

そこからすべてにつながってきます。

自分のツイートに「いいね」がつくようになるのは、もうすぐです!

リプライにばかり気を取られていてはだめですよ。

自分のツイートがなければいいねも大して増えません。

いいねはもらうけど思うように伸びないなあ

いいねをもらったからといって特別伸びません。

毎日のようにTwitterには新規参入者がいます。
「ツイートしてもいいねがもらえない」「反応がないから辞めてしまう」というかたがとても多いので、”0からスタートする際や本気で運用していきたい”といったかたは、本シリーズを参考にしてみてください。

いいねは、アクティブ視聴率。

このツイートで伝えたかったこと

いいねをもらえるということは多くの人に見てもらえている証拠です。「読みました。そのうえで、このツイートいいですね。」という意味も含まれています。

いいねが押された⇒あなたのツイートに期待している。つまり、いいねが多いツイートを徹底分析してリライトしてまたツイートすれば伸びるんです。

このことを端的に伝えたかったのですが、理解してくれた人は毎日ガチで伸ばそうとしている人でした。なんとなく気づいている人は、多いですが言語化したり分析する人は多くないです。

この機に自分のツイートを分析してみましょう。

さらに、フォロワーさんや、仲間を増やしていきたいと思ったとき。いいねやリプといった反応が上がってきたあなたは、思うように伸びるときと伸びない時があります。

それはなぜかというと、いいねの数はフォロワーが増えることに関係しないからです。

フォロワーを増やしていきたい人は、プロフィールクリック数を重要視しましょう。

プロフィールクリック数とは、そのツイートからどれだけの人が自分のプロフィールに飛んで行ったかを示します。

その数が多ければ多いほど、ツイート内容に魅力があったということになります。

プロフィールクリック数をあげる秘訣

プロフィールクリック数をあげるには、リプやツイートでの、そのツイートした人の個人への興味を持たせる内容を発信すればいいんです。

直接的に書くなら、インフルエンサーへの即リプ時に「プロフ変えたら〇〇でした!」と書いたり、ツイートで自分のプロフ比較をします。

すると「どういうことが書かれているのだろう?」と読んでいるひとは、プロフをみにいきたくなるのです。

間接的には、実績報告や企画などをする際にプロフクリック数が上がります。

まずは、どんなツイートがプロフィールクリック数をあげるのか検証してみましょう!

爆伸びしたいんだけどいいツイートできないかな。

なにかを狙うと、スベる。

結論:バズろうと狙うと、ことごとくすべります。狙うのは、やめましょう。

 

結構「肝」です。

ツイートが「確実にバズる」なって、狙って出せるのは、数万人を超えたインフルエンサーだからです。
数千人の一般人のなかで、どんなツイートもバズを生み出し続けるのは、ドンピシャで伸びている人のみです。しかもそういった人たちもタイミングが良い場合が多いです。(もちろんタイミングを選んでいるのですが。)

大事なのは、あなたがまだ1000人いかない初心者なら、バズると思ってツイートしないことです。

Twitterには波が存在します。潮が引けているときに、何をつぶやいてもヒットしないこともあれば、ぽつんとつぶやいた(140字)がいきなり「いいね」300を超えることもあります!

逆に夢ありますよね。

その波に乗れるようにコツコツ練習が大切です!

バズるツイートを生むための努力を惜しまない

ここが一番大切なところです。

・リプの内容変えてみる

リプライはただの返信と思って見くびらないでください!

「はじめまして。」だれもが、リプライから始まるのです!

・ツイートのリライト繰り返す

自己ツイートは継続して朝、昼、晩にツイートしましょう。

少しでもいいねが増えたら、インプが増えたら、プロフクリック数が増えたら、そのツイートを継続して流すことと、少しずつ内容も変えてみましょう。

・発信を続ける

何時につぶやくのがいいのか、これだけでもやってみてください!

「まずやってみる」ことも大半の人はやりません。

『だからこそ、その先に、予想もできない結果が現れます。』

コツコツ文章能力を向上しよう!

リツイートには2種類ある🔁

RTって押すと2つでてくるけどどんな機能があるのかな。

TwitterのRT(リツイート)機能は、みなさんご存じかと思います。

RTは拡散する目的で、自分のフォロワーさんへそのツイートを届けることができます。

 

 

RTの役割とは

意外と役割を知らない方が多いのですが、

・普通のRT⇒ただの拡散

・引用RT⇒自分の意見や感想をつけることができる

という違いがあります。「このツイートには○○という手法が使われています」など、

RT元のツイートに対して解説をしたり、140字では伝えきれなかったことを伝えることができます。

インフルエンサーのツイートを引用する際

インフルエンサーの方の引用RTの際は、その方へのメンション(@ユーザーネーム)をつけてあげましょう。

1日のうちに何万件のいいね、リプといった反応が来る方へ普通に引用RTしても相手に通知がいかず、認知してもらえません。

メンションは必須です。

ただし、気を付けなければならないのは、通知の量です。メンションしたツイートにみんながリプを送ると、メンションされた方へもすべて通知が行くようになっています。

あまりに大量のコミュニケーションをやりとりしてしまうとすべて巻き込んでしまうため、注意が必要です。

リプを返す際は、丁寧に一つ一つメンションを外してあげましょう!

やりすぎ注意

また、自分のプロフィールにせっかく飛んできた初対面の方は、

どんなツイートをしているのかな、とタイムラインをさかのぼります。

 

そこで引用RTばかりだと、この人の発信はないのか。とがっかりされてしまいます。

できるだけ、自分の主張や考えをツイートしておきましょう。

どんな些細なことも、ただのRTと引用RTは全然見え方が違いますし、ツイートをしているかどうかもかなり違ってきます。

タイミングを合わせたRTの方法を模索していきましょう。

メンションの役割⚠️

 

メンションについてです。

メンションをつけることによって、リプライではなく自分のツイートをしても相手に通知することができます。

やり方は「@ユーザーネーム」をつけるだけです。

インフルエンサーに通知をつけないと基本気づいてもらえません。

いいねすらもらえないこともあります。(この場合、相手の通知がパンクしている可能性があります。)

そんなとき、メンションをつけてツイートすれば気づいてもらいやすくなります。

気に入ってもらえたり、ツイート内容が秀逸であれば、リツイートしてもらえます。

あなたのツイートが拡散されて、フォローしてもらえる機会が増えるので積極的にやりましょう。

ここで注意なのですが、毎日メンションつけてツイートをしたり、頻繁にこれをやってしまうと、相手からおそらく嫌われます。(人にもよります)

あなたが、数万人以上のフォロワーがいるインフルエンサーだとしたら、

毎日や毎回、特定の人のツイートをリツイートしようとは思わないですよね。

意図的にこのツイートを拡散してほしいんだな、というのももちろん伝わってしまいます。

媚を売ったり、自分のためにメンションつけたツイートをするのではなく、

その人がされてうれしいことを考えてツイートするのが鉄則です。

毎回のように言うのですが、これが本当に大切なことです。

相手はスパムサイトやボットではないのです。

ほかにも、複数人で会話する際は、メンションされている相手をとことん巻き込んでしまうので、ある程度時間がたったり、特定の人で会話してる場合はさりげなくメンションを外してあげてくださいね!

140字継続で文章能力が向上する。

140字の文章の持つ力についてお話します。

Twitterを始めて学んだこと(第一回)に戻る

Twitterは、良くも悪くもひとつのツイートに140字までしか打つことができません。

Twitterを始めたての方は、140文字ってどんな長文だよ!って思うかもしれませんが、140文字は少ないです。

よくある有益な情報をいざ発信しようとしても、

結論・根拠・理由・主張をすべて織り交ぜようとすると普通に200文字超えちゃったりするのです。

140文字が長いなと思う人は、一度140文字書いている人のツイートをコピペして、その内容を自分なりの言葉や主張に変えてみてください!

丸パクりはだめですが、文字構成や展開の仕方をパクるというのは、ブログにも活きることなので最初は意識してパクっていくのもありです。

数をうっているうちに、あ、このツイートは伸びるんだろうなとか

この形がいいなとか分かってくるようになります!

そして、140文字ツイートを繰り返しているとほんとに140文字は短いと思いますし、より140文字で何を伝えられるかが分かってくるようになるんです。

140文字のメリット

・タイムラインで目を引く

・文章能力が向上する

・あなたの思いが伝わりやすくなり、結果、フォロワーが増える

140文字で100ツイートしたら14,000字です。

どっかの有料note級・・・。

1日10ツイートでも1,400字、10日間継続するだけで文章能力が身に付きますね!

今すぐ140文字でツイートしてみましょう!

リスト機能は相手に通知される。

ブックマーク機能がある。

相互フォローは人柄と発信内容

※加筆していきます。

【Twitter】1000人達成するまでに学んだことメモ:まとめ
①リプすると、いいねがもらえる
②いいねは、アクティブ視聴率
③なにかを狙うと、スベる
④リツイートには2種類ある🔁
⑤メンションの役割⚠️
⑥140字継続で文章能力が向上する
⑦リスト機能は相手に通知される
⑧ブックマーク機能がある
⑨相互フォローは人柄と発信内容

-Twitter

Copyright© アヤブログ《Aya Blog》 , 2020 All Rights Reserved.