あなたがなりたいのはお金持ち?老後資金を貯めようとする前に知っておきたいこと

お金の知識

あなたはお金を稼がなければなりません。

 

 

そんなの、あたりまえじゃないか。

稼がなければいけない理由は?

 

 

「老後2000万円問題」が騒がれています。

仮にあなたは80歳まで生きるとします。

◇あなたが今後、必要なお金はいくら?

 

今30歳の人ならあと50年。


貯蓄は500万円くらいはあるでしょうか。

それともゼロでしょうか。

給料は月に30万円です。

妻も子どもも一人います。
60歳で定年を迎えると残りの20年分は、自分で補わなければなりません。

生涯賃金は、年間300万円~400万円×40年=1.2億円~1.6億円です。

そのほとんどが家のローンや車のローン、生活費などに使われています。

60歳以降の20年間を年間10万円で生活する場合、2400万円が必要です。


人生100年時代といわれている現代の若者はさらに必要なのです。

 

◇2000万円を自分自身で貯蓄する場合

・20年間で、毎月83,333円

◇3000万円を自分自身で貯蓄する場合

・20年間で、毎月125,000円

 

◇あなたが問題視しなければいけないこと


・年金(賃金スライド制廃止、少子化)
・退職金(確定拠出年金へ移行)
・生命保険(リーマンショック、ヤマト生命破たん)
・医療費
・健康保険料(元々1割負担)
・物価
・高齢化問題(老人ホーム)
・税金
・終身雇用(→半身雇用、年功序列→成果主義へ)

 

あなたにとって安心できる将来の保証はあるのでしょうか?


現段階で数億円という資産がある方以外は、
将来の資産形成について考える必要がある時代に生きています。

 

海外諸国では、資産運用について考えるということが
学校の授業に組み込まれているほど、あたりまえになっています。

 

しかし、日本ではいまだに学歴が重視されていたり、
大企業に就職することを優先に考えさせられています。

生きていくためには”必要のないこと”を学校で勉強しているのが現実です。

なぜ、日本はお金について義務教育で教えないのでしょうか。

参加費無料のマネーセミナー

※続きは日々更新していきます。

タイトルとURLをコピーしました