AYAKYAMARUのプロフィール

◆肩書

セールスコピーライター

ブログ・メルマガ・LINE@でのコピーライティング・Webマーケティングに関する情報発信や、記事の執筆をしています。

◆趣味

わくわくすることと、知らないことを知ること、何でも自分で経験すること

 

◆ご挨拶

はじめまして!

ライターのあやきゃまると申します。

 

ライターという仕事は、文章をただ書いているだけの仕事ではありません。

伝えたい感情や想い、読んでいる相手を幸せに近づける手助けができる仕事です。

 

ライティングは、ネットの記事で価値を伝えることだけでなく、

実際に対面での営業や会社での納得させるプレゼン、

コミュニケーション能力を高めるためや恋愛にも応用できる優れたスキルです。

 

 

こちらのブログにたどり着いたあなたとは、

長い付き合いになるかもしれません。

少々、長めの自己紹介をさせていただきます♪

 

 

わたしは、一人暮らしとルームシェアをしたのち

現在家族4人で埼玉県に暮らしています。

 

主な仕事は、
コピーライティングという文章作成スキルを使って、
読み手の気持ちを動かすような文章を書くこと。

 

こちらの意図した通りに
読み手の反応が動けばわたしの仕事は成立します。

 

「ライターの仕事ってどうやって稼ぐの?」

と、よく聞かれます。

 

 

主な収入源としては、

・自営業をされている方などの”営業ツール”としてメルマガの代筆料

・”アフィリエイト”で商品を紹介することによる物販収入

・会社のブログの記事作成代行

などがあります。

 

・・・わたしの夢・・・

生まれつき左側頬に広がる太田母斑に悩んでいた過去があり、

短大に通いながらレーザー治療を経て”ほぼ普通”の人になりました。

家族団らんの時もほとんどしゃべらない寡黙な父と

浪費家で「お金がない」と言うのが口癖の母みたいになりたくなくて

現代ではあたりまえの価値観かと思いますが

「女でも経済的に自立したい。コミュ力向上や人脈を広げていく」

これが20歳の時の目標でした。

 

これ、と決めたら猪突猛進で突っ走ってしまう熱血タイプで

高校生の時に夢見たOL。IT会社で経理事務というOLは叶えたのも束の間

サービス残業の一択で手取り13万で2年半過ごしていました。

 

・・・自立できない。

 

と会社に疑問を持ち、知識と人脈を広げていきます。

3年間いろんな人に出会い、転職をしてみたり、

社長秘書として引き抜かれ、与えられた仕事に従事していました。

 

あるとき、社長の放った一言がわたしを変えました。

「自由にやってみたら?」

 

言われてから、どういう意味で言っているのか

確認もしませんでしたが

わたしは初めてそこで

「自分の価値ってなんだろう?」と考えるようになりました。

 

だれも私の人生を代わりに生きてくれないし、

私の選択したこと、やったことに責任もとってくれない。

やりたくないことを嫌々やってた今までの会社員生活。

 

わたしが一番大事なことはなんだろうと考えたとき

それは、「時間」 でした。

 

時間は有限です。

知ってるよ!と突っ込まれてるかもしれません。

ではみなさんに質問です。

 

今の仕事は、何が何でもやりたい仕事ですか?

給料がもらえなくてもやりますか?

 

自分の貴重な時間を「やらなくてもいいこと」に費やしているのです。

 

なかには一生仕事をして終わりを迎える人もいます。

 

人生には寿命という終わりがあります。

 

お金などの物質的なものはいくらでも稼いで取り戻せます。

1000円、10000円ぐらいだったら稼ぐのって簡単ですよね?

自分が必要な最低金額くらいは、すぐ貯められますよね?

 

でも、時間だけは取り戻せない。

 

今日という日は、ありふれた日常の1日だと思います。

 

でも、昨日には戻れません。一分、一秒でも前には戻れないんです。

 

どうせ同じ24時間を生きるなら、

つまらないと思っていることに時間を費やすよりも

”楽しい、ワクワクする!”

という時間を過ごしたほうがいいと思いました。

 

わたしは、やりたいことをやりたいようにやる人生を生きています。

世界遺産を実際にこの目でみること、

未知の体験をしているとき、

チャレンジすることが最高に心躍る瞬間です。

 

さらに、体験を通じて得た感動を世界中のひとに伝えたい。

コンプレックスで悩んでいるひとに元気を与えたい。

 

克服してきたわたしだからこそ、伝えられる想いがあるんじゃないかなと。

 

これがわたしの価値なんだな、と自信をもってお答えします。

 

 

 

 

あなたが明日死ぬとしたら

「わたしの人生は最高だった」

と言えますか?

 

 

もしも あなたも同じことを少しでも思っているなら、

生き方を少しだけ変えてみませんか?

 

 

ずいぶんと長くなってしまいました。

最後まで読んでいただき、
本当にありがとうございます。

 

 

こんなわたしですが、今後とも、
どうぞよろしくお願いいたします!

 

 

人生を豊かにしたい方や、

ライティングスキル等についても

ご相談がありましたらお問い合わせください。

お問い合わせ

あなたからのご連絡を心よりお待ちしております。