資産価値になる行動をするための知識を身につけよう!

お金の知識

資産価値ってなんだろう?

お金の価値が変動するように、

資産も変わるのよ

 

ワシらの若い頃は、こうだったんじゃよ

 

1946年(昭和21年)

国家公務員大卒初任給 ・・・540円

1949年(昭和24年)

国家公務員大卒初任給・・・4233円

 

この頃に300万円の不動産を買った人は、

⇒現在、約8億円の価値になっています。


そのまま現金を持っていた人は

約1万円の価値に値下がっています。

 

このように、知っていればお金を増やすことはできたかもしれませんが、

知識や情報は一朝一夕では身に付きません。

 

ただ、お金持ちになればいいということでもなく、

オリンピックでインフレの動きが高まっている日本は、

まさにチャンスだらけでもあり、落とし穴だらけとも言えます。

 

それは、ハイパーインフレが起こる可能性です。

ハイパーインフレといえば、2018年に現在進行形でハイパーインフレを引き起こしているベネズエラ。

貧富の格差が激しく、普通の食事をするための外食費用は1回10万円近くするといいます。

 

日本がハイパーインフレに陥った際は、預金封鎖が起きます。

 

預金封鎖になると、国内の全資産が課税の対象で銀行のATMなどもほとんどが使えなくなってしまうのです。

さらに財産税が課せられるとわたしたちの多くの人は生活ができなくなります。

※財産税・・・預金など10万円超の資産に最高90%課税

 

預金封鎖にどのように対応すればいいのか

詳しく聞きたい場合は無料相談を承っておりますので

本ページ最下部からご連絡ください。

 

なぜ預金封鎖や財産税をすることにるのでしょうか。

 

 

それは国が財政赤字を解決する方法だからですよ。

まずは、お国の基本情報から。

◇国の財政事情
年収(税収)・・・約44兆円
借金(国債)・・・約1000万円
毎年、約40兆円の借金を増やし続けています。

一年間の年金の支払い額・・・約30兆円

借金返済の解決策(消去法)
1・・・消費税を1%上げる

(しかし、税収は2兆円程度しか上がりません)

2・・・景気を良くして税収を上げる

(しかし、狂乱経済と言われたバブル時代でも、税収は60兆円程度)

3・・・徳政令

(国債の借金をチャラにする、江戸時代には何度か発動された)

4・・・公務員の方にただ働きで我慢してもらう

(税収はすべて国債の利払いに消え、給料に廻せません)

 

お察しの通り、1,2は効果がなく、3,4は現実味がないため実現しません。

 

苦肉の最後の政策として合法的徳政令をやらざるを得ないのです。

インフレ政策、お金の価値を変えれば、借金返済は難しくない!

 

 

あわせてこちらの事実も理解しておきましょう。

『1%の富裕層が世界の富の半分を保有している』

”世界の人口の1%の富裕層がもつ資産の総額は、
残る99%の人口の資産を合わせた額と同程度になる”
という推計を国際支援団体が発表しました。


また、世界の富裕層上位80人の資産総額は、
貧困層35億人の資産総額に匹敵します。

今回の推計によると、
1%の富裕層が握る資産が世界の富に占める割合は、
2009年の44%から、2014年は48%に増加しています。


このままのペースが続けば2020年までには50%を超す見通しです。

残る52%の富についても、
人口の5分の1の比較的豊かな層が46%を握っていて、
その他の層が握る割合は、

世界全体の資産のわずか5.5%にとどまります。

 

昨年の大人1人当たりの資産額は、平均で3,851ドル(約45万円)
これに対して富裕層の資産額は、平均270万ドル(約3億円)

 

働いても働いてもお金が貯まらない・・・

今までお金の為に自分が働いていたのね

 


定年という消費期限がきたり、病気や怪我という欠陥がみつかったら使い捨てされる

=株主の為に保証をエサにされ安い給料で利用されているのです。

この社会のしくみが会社員なのです。

 

自分のためにお金を働かせましょう!


金融機関の力を借り、お金を生み出す物を使って

お金がお金を生むシステムを構築することはだれにでもできることではありません。

 例・・・社外取締役は経験、知識を資産とし、主に月一回の取締役会に出席するだけで、
一般社員以上の給料を貰っています。
つまり、あまり働かずに(時間を使わずに労力をかけずに)稼いでいます。

 この場合は過去から積み上げてきた経験や知識を「資産」として持っているからです。

過去からの積み上げを使って稼いでいるのです。

 

将来の不安を減らすには、資産を築いて資産に働いてもらうってこと?

そうですね。労働には限界がありますので。

資産を築く手段

・お金を貯めるよりも運用や投資に回す

・ビジネスを始める

・金融機関からお金を借りて、土地や不動産を購入する

(※出来る時間は限られているため、日に日に可能性は小さくなっていくのが現実です。)

 

タイトルとURLをコピーしました