いまさら聞けない新型コロナウイルスとは?感染予防と発症が疑わしい場合の対処法

おすすめ

※政府が発表した方針に基づいて更新しています

 

新型コロナウイルス感染拡大中の日本。予防法を公開中

コロナウイルスについて簡単に理解できる内容となっています。

 

 

新型コロナウイルスとは、ウイルス性の風邪の一種であり、

発熱やのどの痛みと、咳が長引くことが多く、風邪によく似た症状があります。

特徴:強い倦怠感(だるさ)がある

感染から発症までの潜伏期間は、1日から12.5日といわれている。

 

 

ちなみにコロナウイルスとは、6種類の人に感染するウイルスのことです。

ただの風邪とされることが多いのですが、そのうちの2つは、MERS(中東呼吸器症候群)や、SARS(重症急性呼吸器症候群)といった重症化の強いウイルスです。

 

 

全世界で猛威を振るうコロナウイルスですが、未だ治療方法がわかっておらず、ワクチンも最低1年かかると言われています。

 

◇感染経路

新型コロナウイルスの感染経路は2通りです。

 

・飛沫(ひまつ)感染

感染者のくしゃみや咳、つばなどと一緒にウイルスが放出され、
別の人がそのウイルスを目や口や鼻から吸い込むことによる感染

 

※特に満員電車など狭いスペースで人が多い場所には注意

 

 

・接触(せっしょく)感染

手や衣服、ものに付着したウイルスを触ることによって

別の人に手や口や鼻を伝っていく感染

 

※電車やお店、トイレなどの公共施設は要注意

 

 

 

 

新型コロナウイルスの予防には、特別なものは必要ありません。

対策①マスク

マスクは鼻まで覆うようにし、くちやあごのほうからも隙間のないようにつけること

※海外ではマスクに意味のない事が証明されており、NHKだけがその事実を公開しています。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200207/k10012277301000.html

 

 

対策②手洗い・うがい

極力蛇口も触らないようにし、泡で手首や爪先なども入念に洗うこと

うがいは外出から帰宅時でよいのでその都度するようにすること

 

 

◇感染が疑わしい場合

外出をせずに様子をみること

・風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続く

・強いだるさや、息苦しさがある
※ 高齢者や基礎疾患等のある方は、上の状態が2日程度続く場合

※高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD 等)の基礎疾患がある方 透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方

上記にあてはまるかたは「帰国者・接触者相談センター」に連絡する

各都道府県の帰国者・接触者相談センター(厚生労働省)(2/13時点)

 

コロナウイルスの感染力は今世紀最大と言われており、今後更なる拡大が危惧されています。

治療方法が無い為、未然に感染を防ぐしかありません。

 

◇予防法

以下を実践してください。

・人ごみに行かない

・薬用石鹸による手洗い

・イソジン等によるうがい

・生ものや火が完全に通っていない動物性の食べ物は食べない

・十分な睡眠

 

体調不良には十分に気をつけましょう。

 


タイトルとURLをコピーしました